鍵穴に異変があれば早めに鍵修理に出すようにしよう

間違った対処法をしてしまうと状況を余計に悪化させることに 間違った対処法をしてしまうと状況を余計に悪化させることに

潤滑が悪くなった鍵は無理に回すと危険!

修理

鍵をさそうとしても回らないことや、鍵がささりにくいことがあれば注意しましょう。もしかすると、シリンダー内部がすでに破損している可能性があります。ですから、無理に鍵を開けようとすることなどは控えた方が良いです。

開けにくくなったら無理に回すのは避けましょう

シリンダーなどが破損したようであれば、鍵交換や鍵修理をする他、直す方法がありません。自力でこじ開けようとすると、余計に悪化させることもあるのです。

曲がってしまう
鍵穴に鍵を入れれば、普通は簡単に回せます。しかし、鍵が回らないという場合は、注意が必要です。回らないのに、強引に回そうとすれば、鍵が曲がるか折れてしまうことがあります。鍵が回りにくくなる原因には、シリンダー内部の潤滑がきれているという理由が多いです。ですから、最後まできちっと鍵が入り切らずに、途中で停まった状態になるのです。鍵は、きちっと入らないと回すことができないので注意しましょう。
刺さらなくなる
シリンダー内部の状況が悪くなると、鍵を刺しても抜けなくなることや、鍵が刺さらなくなるなどの不具合が生じます。この不具合が起きたら、鍵修理をする他、直す手がありません。鍵が刺さらないことや、抜けなくなるという現象は、ピンが壊れることによって引き起こされる現象といえます。ピンの修理は、個人では行なうことができません。ですから、鍵修理が必須となってきます。

壊してしまう前に鍵修理業者へ相談しましょう

鍵を刺しても回りにくいという場合は、無理に鍵を回そうとしないようにしましょう。鍵は鉄製で頑丈ですが、無理に回そうとすれば、折れることや曲がることがあります。

間違った対処をしたなら鍵修理業者に依頼

鍵穴が悪くなってきたと思ったのであれば、鍵修理をした方が良いでしょう。悪くなった鍵穴をいつまでも使っていると、そのうち何らかのトラブルが発生するのです。下手をすれば、シリンダーだけでなく、鍵自体もダメになってしまう恐れがあるでしょう。

間違った対処法を行った人

専門知識がない状態で、鍵穴を直そうとすれば間違った対処法を施してしまうことがあるので注意しましょう。

潤滑油を使ったのですが(34歳/男性)

潤滑油を使って直すという行為は、実のところあまり良いものではないんです。というのも、一時的には良くなりますが、後々細かいホコリなどが入りやすくなってしまって、状況が悪化する可能性があるからなんです。実は、私自身もその体験をしました。ある日を境に、鍵穴に鍵が上手く刺さらなくなるような現象に見舞われたんです。それで、自分でトラブルを解決しようと、潤滑油をホームセンターで購入して直してみたところ、初めは良かったもののまたおかしくなってしまいました。その結果、どうにもならず鍵修理にまで発展してしまったんです。

鍵修理業者では分解洗浄ができます

間違った対処法として、鍵穴に潤滑油を入れるというものがあります。この方法はあまり良いものとされておらず、粘土の高い潤滑油を使った場合だと、鍵穴の中で油が固まってしまい、そのうち本当に鍵が開かなくなってしまうのです。ですから、自分で鍵修理をしようとして潤滑油を使わないようにしましょう。鍵修理業者に依頼すれば、分解洗浄をすることができます。分解洗浄では、細かい部分やパーツの隅々までキレイに洗浄し、ホコリもとってくれるのでシリンダーの動きも良くなるでしょう。

TOPボタン